コンカフェとは?初心者にもわかりやすく解説

コンカフェについてよく聞かれることなどをまとめてみましたので、是非ご覧ください。

Advertisement

はじめに

「コンカフェとはなんですか?」と問われたら、

「コンセプトカフェの略称です。」

というのが正解なのですが、コンカフェナビではこれからコンカフェ(コンセプトカフェ)に行きたい・行ってみたいという人への参考になるような説明をしてみたいと思います!

コンカフェ(コンセプトカフェ)とは

読んで字の如く、コンセプトを前面に押し出したカフェです。

代表的なコンカフェで言えば、コスプレやその世界観でお客様を魅了するというコンセプトのメイドカフェがあります。

よくある質問で「コンカフェとメイドカフェの違いは何?」というものがありますが、上記の説明の通り、メイドカフェはコンカフェの一種です。

メイドカフェというワードが先に認知されていて知名度が高かった為、本来はメイドカフェ等を包括した表現であるはずのコンセプトカフェという新しいワードが別物として認識されていることが原因かもしれません。

他にも、女性の忍者「くノ一(くのいち)」のコスプレをした女の子が接客してくれる忍者カフェや巫女をモチーフとした衣装と内装の巫女喫茶などが、わかりやすいコンカフェとして有名です。

メイド喫茶とメイドカフェは同じなの?

これもよくある質問です。

一般的に「喫茶店」と「カフェ」の違いを言えば、

喫茶店は「喫茶店営業」
カフェは「飲食店営業」

といった業種としての区分があり、

喫茶店では、アルコールや調理を必要とする食事の提供ができない。カフェでは、アルコールも食事も提供が可能。

となりますが、「メイド喫茶」と「メイドカフェ」においては、同じ意味として記載している店舗が多いように思います。

クラシカルなメイド喫茶は「メイド喫茶」のみの表記で、上記の業種区分にも当てはまる店舗が多いようです。

「メイド喫茶」と「メイドカフェ」を同じ意味として記載している店舗をコンセプトカフェとして説明するのであれば、

メイド「家事使用人」の服を着た女の子がお給仕・接客をする喫茶店がコンセプトのカフェ

となります。

少し話が脱線しますが、

●●●の服を着た女の子がお給仕・接客をする○○○がコンセプトのカフェ

というお店の場合、「お給仕」の部分をメイドの要素として、■■■メイドカフェとしているコンカフェもありますので、「メイドカフェって書いてあるのにメイドさんがいない!」とならないように注意してくださいね。

このメイド喫茶とメイドカフェの部分は、正直とても悩んだ部分です。(実は今でも悩んでいます)
「全世界の皆様に日本のコンセプトカフェ情報を提供する」というミッションを掲げる私たちとしては、出来るだけ正しい情報を伝えたいという想いがあり、日々悩みながらの前進しております。

コンカフェってどういうお店?なにするお店なの?

一口にコンカフェと言っても様々なお店があり、それぞれのお店ごとに独特な世界観があるので説明が難しいのですが、基本的な業態は「カフェ業態」と「バー業態」2つに分かれます。

カフェ業態のお店の特徴

  • 基本的に昼間から営業、日付が変わる前に閉店
  • 食事のメニューが豊富
  • 萌え萌え系(ライブパフォーマンス等のエンタメ要素あり)もしくは、クラシカルなメイド喫茶
バー業態のお店の特徴

  • 基本的に夕方から営業、朝までやる店舗もあり
  • 30分や1時間などの飲み放題を採用している店舗が多い
  • 女の子にドリンクをあげられる

「メイドカフェを体験してみたい」「楽しくご飯を食べたい」という人にはカフェ業態がオススメですし、「楽しくお酒を飲みたい」「女の子とお話したい」という人にはバー業態がオススメです。

私見ですが、かねてからメイドカフェ・メイド喫茶と言われているのは「カフェ業態」のお店を指すと考えております。「バー業態」に関しては、コンセプトや世界観、趣味、ノリ等なにかしらの共有を目的としたガールズバーに近いものと考えております。

まとめ

コンカフェ(コンセプトカフェ)と一口に言っても、様々なお店があります。

どういったコンセプトのお店なんだろう?
どんな料金体系なのかな?
お店まではどうやって行くのかな?
割引クーポンはあるのかな?
口コミはどうだろう?
どんなキャストがいるのかな?
今日はどんなイベントやっているんだろう?

皆様のそんな疑問にお答えできるように精進して参りますので、今後ともコンカフェナビをよろしくお願い致します。